定住化促進住宅補助制度「とりで住ま入る(スマイル)支援プラン」

[概要]

取手市では、定住人口の増加と魅力ある住環境の整備を目的として、一定の住宅の新築、増築、改修(※)や、子育て世帯(義務教育を終えるまでのお子さまがいる世帯)がシニア世帯の持ち家を賃貸したときの家賃などに対して補助する制度があります。
※事前の認定が必要ですので、計画の段階(工事着工前、購入前)で都市計画課にご相談ください。

[支給内容]

(1)住宅取得補助金
一定の条件を満たす戸建住宅やマンションを新築・購入する方に対し、その住宅ローンの額に応じて補助金を交付します。
●補助金の額
住宅ローン(住宅借入金)の額の3パーセント(上限40万円)
※子育て世帯や市内就業者にはそれぞれ5万円加算

(2)住宅リノベーション補助金
一定の条件を満たす住宅について、中古として取得したとき。または、世帯員が増加するときに行うリノベーション(改修・増築)に対して補助金を交付します。
●補助金の額
100万円以上のリノベーション工事の費用の10パーセント(上限30万円)
※子育て世帯や市内就業者にはそれぞれ5万円加算

(3)シニア層の持ち家活用による住み替え支援補助金
子育て世帯がシニア世帯の所有する住宅を賃貸した場合の家賃や、貸主・借主に発生した賃貸借契約仲介手数料、また、貸主の行ったリフォームの費用に対して補助金を交付します。

<補助制度期間>
平成28年4月1日から平成32年3月31日までです。

[対象者]

補助の要件を満たす方

[申請できる人]

補助金の交付対象となる方

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「定住化促進住宅補助制度「とりで住ま入る(スマイル)支援プラン」(取手市サイト)」をご覧ください。

定住化促進住宅補助制度「とりで住ま入る(スマイル)支援プラン」(取手市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく