特定疾患医療の給付

[概要]

原因が不明で治療法が確立していない、いわゆる難病と呼ばれる疾患のうち、ベーチェット病を始めとする56の疾患が特定疾患として指定されています。この制度は、都道府県が実施主体となり、患者さんの入院、通院にかかる医療費の一部(または全部)を公費で負担することにより、受療を推進し、その原因を究明することを目的にしているものです。対象となる疾患は難病センターなどのウェブサイトをご覧ください。

[手続きなど詳しくは]

「小児慢性特定疾病(茨城県サイト)」をご覧ください。

小児慢性特定疾病(茨城県サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく